確定申告後の余談

確定申告の結果、いくらかの還付金が発生しましたが、滞納状態の保険料等の支払いで足がつきました。すごく損した気分になったのですが実際に損しているようなものではないか? そんなことを色々考えつつも、最近の月々の支払いは……。

写真各種保険料は下がることなく右上がりの一途をたどっているし、今月から消費税も上がりました。各種控除は切り詰められる一方なので、これもある意味予定調和なのかなと思ってしまったり。給料は基本的に上がらないものと考えるべきだと教えられてきたので、後はどこを切り詰めてどうすれば副収入が得られるかを考えるべきではないかと……なんというか、色々世知辛い時代になったものです。

収入が減り、物価が上がり。保険料が上がり、保証は切り詰められ。不毛なスパイラルが止まらないけど愚痴ったところで何も始まらないので、これをネタに何かを作れないかと考えることにしました。とりあえず今回の申告で学んだのは「アテにするな」の一言に尽きます。

自転車のある生活

エコとかそういうのは関係なくて。中の人の移動手段の半分くらいは自転車が占めています。自転車の乗り方を覚えてからずっと、社会人になった現在も乗り続けています。代わりにクルマの免許はずっとペーパーで、高い身分証明書になりつつあり複雑な思いを持ち続けているのですが。

写真以前はMTBに乗っていましたが、生活輸送が多くを占めてきた都合上から最近はママチャリに乗り換えました。前後にカゴをつけて大量輸送に対応できるようにして、日常の移動から買い物の多くをまかなっています。量販店がそこそこ遠い位置にあるので、日頃の運動量のカバー的な意味合いも持ち合わせています。何というか、継続は力。ただ、大量輸送に対応するだけの耐久力が無いのがネックで、タイヤまわりのメンテはわりと頻繁だったり。

両カゴ仕様はわりと便利で、許容重量が許す限りの荷物を積載できるのが良い感じです。理論値で最大20キロくらいの輸送量が確保出来ますが、最大量積むとタイヤへの負担がひどくてまともに走れない状況にもなります。

続きを読む

非純正の是非とか

Q10の予備電池を購入。とりあえず予備が欲しいということで1個、互換ものを選択しました。純正品を選ぶのが良いのでしょうが、やはりお値段が気になるところでこういう選択肢を選びがちなのですが。純正品のお値段はマチマチですが、どこも高いのが現状の様子。

写真互換ものの多くは通販経由での購入。基本的にこの類の商品は一般店頭ではあまり扱われていないので、基本的には通販経由のみという感じです。無論、購入前に他者レビューをチェックしたり出力系統の数値をチェックしたりとかはやっていますが、こればかりは当たり外れのある話なので悩みどころ。特に気をつけているのは生産国で、純正品の生産国に準じている形で選んでいます。純正が国産の場合はわりと純正を選んでいる気が。

この辺を気にしているのか、個人的なバッテリー事情は乾電池型を選ぶ傾向が強い中の人。とりあえず2~3回充電して使ってみて、何か感じるものが無ければそのまま使っていこうと考えてます。たぶん、純正品は「安心料」という感覚。

続きを読む

部屋撮りな小物が欲しい

部屋が狭いので、カメラの試し撮りのネタがなかなか見つからない。今の請負は夜勤メインの環境なので、外出する場所も見つからない。ということで最近ひそかに小物を集める日々を送っています。写真はリサイクルショップに乱雑に積んであったフィギュアコーナーより。

写真たびたび写ってしまっている部屋の映像がキタナいというのはツッコミ無しの方向でお願いします、仕事以外の身辺整理というのはかなり苦手な人なのでどうしてもこんな感じになってしまいます。とりあえず大きいフィギュアは飾る場所に困るので、小さなフィギュア……とりわけ「ねんどろいど」とかがいいかなーとか思ってまして。一時期は結構集めていたような気がしますが、空間の都合でだいぶ捌けてしまったので。

カメラ新調なこともあり、ネタ小物も少しずつ取りそろえていって。でも、買ってしまったらまた部屋の空間が狭くなってしまうわけで。それよりもQ10のレンズを取り揃えてしまいたいとか、まあしばらくは部屋の小物でも撮ってみようかと。

続きを読む

15分で1記事・テスト投稿

15分で1記事投稿というテンプレートの運用テストの記事です。最近写真を撮りに行けなくなったり、変則的な仕事スケジュールなどにより色々とネタのアウトプットが悪くなってきているので、歯切れ良く出力をかけるためにショート記事の投稿ネタを作ってみることにしました。

近所の写真写真のストックから適当な画像を一枚、あとは思いついた事とか感じたこととかを15分でアウトプットするという「ネタリスト」的な投稿スタイルです。Evernoteに一時ストックするという方法がどうにも性分に合わないので、パソコンに向き合っている時間を最小限単位で投げ込むスタイルを開発しようと思っていて。ネタ帳も作りたいなーとか思っています。

細々とした情報とかデータとかをかき集めてみると結構な物量になっているので、アウトプットの方法とかを色々模索してみたいです。レンタルサーバーから怒られるくらいのデータ量をさばいてみたいものですが、それはそれで困ることなので、まあ500文字くらいの短記事を綴れるように。

わりとどうでもいいことを15分で

15分で1記事というフォーマット作成に関して、「わりとどうでも良いこと」をピックアップしてみようと思いました。現本業の拘束時間が長すぎてほとんどの巡回をタブレットやスマホでやっている都合、Twitterくらいしか情報の回収する場所が見つからなくて。15分だったら、1時間で4本くらいさばけるかな?

写真巡回情報のシェアとか、読んだ本の感想とか。細かいことでいいのでポストのネタにしようかと。とにかく細かいことをいくつか見繕ってブログに集約していく感じで。500文字とか15分とかっていうのはあくまで目安ですが、今まで1記事の投稿に2~3時間を費やしていた事を考えれば、コンパクトにまとめた記事というのは何かしら引っかかるものになるかもな、っていう感じで。

「ネタは全力で投稿」だそうで。そういえば最近本を読む週刊がずいぶんと薄れてしまっているので、ポケットに格納出来るくらいの文庫本とかを持ち歩いてみようかと画策しています。昨今とくにライトノベルは積み傾向にあるので、通勤や移動中に読む習慣をつけたいです。

続きを読む

カメラ撮りのためのカメラ調達

近所にあるリサイクルショップが閉店すると言うことで、ちょっと余談的な買い物をしました。Q10のレビュー用の写真を撮るためのカメラです。スマホのカメラで間に合いそうだったのですが、イマイチしっくりこなくて安物のカメラでも良いからということで本当に一番安い機種を選んできました。

近所の写真とりあえず撮れれば良い的な買い物だったので、箱無しメディア無しストラップすら無しな一番安い機種を選択。ついでにお世話になったポイントを放出してさらに安く買いたたいて、別途購入したSDカードを合わせて3000円という、なにやらどうでも良いレベルの買い物をしてきました。スマホカメラだとどうしても納得出来ない写り映えだったので、やはりカメラ必須ということで。。。

というわけで、Q10のレンズがそろうまでの繋ぎ役を調達してきました。旧式の乾電池式ですが、それなりに戦えるだけの性能はあるので補佐的な位置づけで使っていきたい次第。というか、以前のカメラが乾電池式だった都合、資源活用にも一役買ってくれることになりまして。

続きを読む

【レビュー】タブレット系モバイルパソコンに触れる – ThinkPad Helix 【3】

ThinkPadの取り回しの良さを汲み取ったHelixは確かに良い機体とは思いましたが、このハイスペックタブレットをフルパワーで振り回すようなシーンがあるんだろうか? という不安が残りました。タブレットとしていろんな使い方を試してみたのですが、なんというか「どっちつかず」な印象が拭いきれなかった感じです。

ThinkPad Helixの写真多機能かつハイパワー、燃費も良好で拡張性も維持という良いとこずくめな本機ですが。この2週間というおさわり期間中に彼の良いところを見つけることが出来ませんでした。単純にハイパワーなパソコンというか、タブレットというか。パソコンとしてみてもややオーバースペック感があるこの機体、タブレットとして見た場合はもっとオーバースペック感があって、その利用シーンがなかなか定まらない感じでした。

どんなシーンも乗り切れるだけのスペックはどうしてもハイコストになってしまい、お手軽さという視点では後発の「純正のタブレットPC」には適わない感じが否めないという結論に。唯一のボルトネックは、その構造上から発生するコスト面での問題といったところ?

続きを読む

【レビュー】タブレット系モバイルパソコンに触れる – ThinkPad Helix 【2】

ThinkPad Helixの実機操作感ですが、好き勝手な運用が効くというのがおもしろくて好感触でした。11.6型というサイズはタブレットにしては大きく、パソコンとしては小さい部類に入るので、状況に応じて着脱という方法で運用出来るのがとてもよい感じです。

ThinkPad Helixの写真ただ、一般的なノートパソコンに比べて拡張性がイマイチとか意外と重宝する有線LANポートが無いとか、細かい点で気になる部分はあります。従来型のラップトップ型のパソコンとはかなり違う形状をしているので微妙なところで得手不得手が分かれてしまう部分はあるように思いましたが、その辺の不利部分は内蔵の無線系モジュールや本体スペックがある程度解決してくれるような気がします。少なからず「運用慣れ」は必要かと。

筐体のアイデンティティはやはり「タブレット」のようなので、着脱式ノートブックという概念は忘れて「着脱式タブレット」として向き合っていく使い方が良いのかもしれません。

続きを読む

【レビュー】タブレット系モバイルパソコンに触れる – ThinkPad Helix 【1】

今年2度目のおさわりモニタ企画ですが、今回はThinkPad Helixをおさわりさせていただけることになりました。今年最初のおさわり企画(Twist)の方は後日改訂版を投稿予定ですが、今年は順調に「タブレット系モバイル」に触れる機会に恵まれておりまして……。

ThinkPad Helixの写真_01発表された当初、その奇抜過ぎる構造に度肝を抜かれた記憶がありますが、その正体はタブレットでした。タブレットと専用ドッキングステーションというかなり特殊な構成ですが、昨今はすっかりそのスタイルが一般化されてしまったようで。今では割と普通な選択肢になってしまったようにも思いますが、正確には「着脱式ウルトラブック」に属するようです。よくわからない。。。

というわけで、ウルトラブックとして接するかタブレットとして接するか悩ましい機体ですが、中の人のアイデンティティ的には「特殊なノートパソコン」という位置付けで触れていこうと思っています。しかし、発想の転換を実際に形にしてしまうあたりがすごいな、って思いました。

続きを読む