書いて変える「ペーパーライフ」のススメ

LINEで送る
Pocket

「手帳によるライフハックは可能かどうか?」という話が、実は意外と使えるんじゃないかという話がちょっと界隈で盛り上がっていまして。中の人も多くのデジタルノート系ツールを利用してきましたが、ちょっと行き詰まってしまった感が出てきたのでここで一度「原点回帰」を試してみたくてポケットノートを買ってみました。普通のリングノートの小さいヤツで、作業着のデカいポケットに入るくらいのサイズのものです。

肌身離さないツールとしてはスマートフォンがあるわけですが、スマホにも得手不得手があるように思えて。確かにスマホの入力系統をフル稼働させればスケジューラはおろか多くのメモ機能系のサービスを使い倒せるわけですが、いかんせん簡易図面や図形のメモはどこかに書いてからじゃないとダメなように思えて。ポケットノートは仕事でも使う、いわば「第二の肌身離さないツール」。どこにいても使えて、都合良く筆記具を常日頃持っていて、なおかつ幅広いメモに対応できるような環境があったりして。もしかして、こっちの方がさくさくメモれるんじゃないか? という考えに至ったわけでして。

今回は、そんなアナログ思考への回帰を提唱? を届けた、一冊の本の感想と共に。何のことはない、ノートツールの定番「Evernote」よりも「ノートしている」というのは「紙のノート」だったという話で、「脳はノートと共に」という話。ただ記録するだけではイマイチまとまらないアイデアやメモを「書いて整理する」という、もっともシンプルな整理術の本でした。

AD Link

「継続は力なり」というわけで、継続的に使うものを生活の一角に置いてそれを使った記録術にする…デジタル化の波と共に少しずつ形骸化しつつある「紙に録る」という手法を再認識してみました。著者の藍玉さんは手帳ライフ研究家ということで手帳を使う方法をこの著書で紹介していますが、スマホのように身につける感覚で持ち歩けるメモ帳程度のもので良いと思います。主眼は「書いて記録すること」にあると考えています。

それは、仕事のことでも生活の予定でも。ブログのネタでも提出用の資料のアイデアでも、なんでも良いです。…が、「何にでも応用が利く方法」で確立させる必要があります。

とりあえず自分の場合、仕事や何やらで使うレポートパッドとタブレットアプリ(Evernoteなど)、今回新たにポケットノートを取り入れてみました。小さいものに下書き的なメモを取れるようにして、アイデアが溜まってきたら大きなレポート帳に「整理して書く」という複式記録方式でトライしてみることにしました。

接続を意識した「ロードマップ作成」方式

メモは、漠然としたアイデアを綴るツールとして使います。アイデアが一定数出てきたら、それを整理して更に書き出してみる。まとめてみてネタ不足感を感じたらアイデア捻出を続けてみる、たまってきたら整理して更にまとめ直してみる…これを繰り返す方法でやっています。アイデアを「ろ過する」感じで、デフラグをするイメージでとりとめのないアイデアを「乱数から整数に」していくイメージでまとめていきます。

このとき気をつけているのは「メモ上限を決めて行う」こと、私は「紙のサイズを制限する」ことで情報量を調整する方法で実践しています。

これは進行中のブログ記事のアイデア捻出中の作業風景。ポケットノートのメモは通勤電車で書いたり、職場で書いたり…いろんなところで端的なメモを綴っています。それをテーブルなどのスペースが作れる場所で「整理整頓する」という方法。ブログ記事なので「起承転結」というカタチで要点をメモしています。写真のページは、ちょうどこのブログのアイデアの捻出中のメモ。

複式にすることでより一層の整理整頓を図る目的があります。ブログ記事の場合はそこまでろ過する作業は要りませんが、これがマンガのプロットだったりミニサイトの構造メモだったりすると複数会に分けて整理整頓作業を噛ませる必要が出てきそうです。この作業の際に出発点と終了点を決める作業を行い、周辺にいろいろなアイデアをちりばめていき、出発点と終了点に集約していきます。ひし形の図面の両端が始点と終点、図形の中身がアイデアの巣窟…という形になります。

まとめ方にテンプレートがあれば良い場合もありますが、自由な方法でメモしていくのが良いと思います。

まとめ作業が捗るように「可視化する」作業

紙のメモが捗るのは、単純に「自由に書ける」ことに有ると思います。文字に図面、付箋を貼ったり色分けしたり。自分の場合は最終的にA4のレポートパッド1枚分にまとめ上げ、それをEvernoteなどのノートに別途記録したりブログ用にテキストを起こしたり…必要に応じたフォーマット入力をしていきます。この一連の作業は手間こそ格段に増えますが、パソコンに向かう時に「思考で迷う時間を減らす」効果があるように思いました。このエントリーもおおよそ3000文字程度で起こす作業なのですが、通常3時間くらい要する作業が、入力単体で2時間くらいのペースで進んでいます。

今回は試験的にブログネタ特化利用で試運転していますが、かなり効いているイメージです。過去にマインドマップ作成ツールなどを試してみましたが、やはりこちらの方が初期段階のアイデア捻出には強いという印象でした。マインドマップ作成ツールなどはどちらかというと「プレゼン向き」の印象があり、自分向けインフォグラフというより対外的インフォグラフというイメージでした。自分で使うのみ…であれば、やはり自由度の高い紙メモのほうが強いのかもしれません。

デジタルノートだけでは足りない、いろいろな要素

本の感想に戻りますが、主として書かれているのは「手帳の利用事例」や「活用アイデア」でした。手帳にあるいくつかのページフォーマットの使い方のアイデア、色分けや付箋の効いた使い方など…手帳に特化している部分も結構ありますが、どんな方法のノート作戦でも応用が効く内容でした。なにより、「紙のノートは実は万能説」は有るんじゃないか? と思わせるアイデア満載の一冊でした。

実際に中の人はEvernoteを使ってきましたが、入力が追いつかなかったりスマホのバッテリーが切れたり…職場でアイデアが降りてきたときにメモろうと思ったら「サボってる疑惑」を投げつけられたりと、なかなかマッチする方法が見つからなかったので、原点回帰はある意味? 重要なのかなって思った次第でした。手帳やノートなら、職場で降りてきたネタを何食わぬ顔でメモできるという…まあ、結果サボってる事になるんでしょうけど、変に勘ぐられないのはアリかなって思いました。また、複式方法による「ろ過方式」も発見でき、紙の可能性についていろいろ再考するきっかけにも成りました。

そして、最大の発見。「書きたいときに脳内にネタはいない」という事実。

光陰矢のごとし、アイデアは一期一会。ポケットからノートを取り出してメモする方法は、少なくともスマホのタップ苦手な中の人にとってはスマホよりもアドバンテージの高い方法だったので、この方法もっと流行って欲しいとか思っています。今はタブレットにデジタイザペンがついてきて入力支援をしてくれるといいますが、紙の優位性というか利便性とはやはり軸の違う世界なのかなって思いました。

 

こうして作られたカンニングペーパーのようなメモですが、書いて作るメモにはいろんな効果があるようにも思います。書くことによって可視化した図面は覚えやすく、字を書けばボキャブラリーも確認できるし誤字脱字にリーチを掛けることも出来る…書くという一連の行為が記憶にリンクするように思います。学生の頃、あんなにもレポートを書くのがイヤだった自分が、こんなにも書くことの実用性を見落としていたという事に結構おおきなショックを感じていますが、これは温故知新で実は新しい方法なのかもしれません。今回はこの1冊にライフハックの一端を見たので、ちまちまとメモを増やしていろんな事に応用していきたいと思う次第です。

あ、別に仕事さぼってやってるわけではないですよ? ないない?

LINEで送る
Pocket

コメントを残す