また、ブログに回帰するという話

   

LINEで送る
Pocket

そろそろネタに走ったブログもタネが尽きてきた感じがあり、そろそろ10年先くらいを考えたブログについて考えてみたいなって思うようになりました。お金出してサーバー借りて運営していくブログ、技術やノウハウに時間と予算と労力を割いて何を求めるのか? そういう事についていろいろ思考を巡らせていく事が必要かなって思うようになりまして。私がブログと出会ってからもう10年以上経つのですが、今でもブログに結構迷走している感じが強くて…原点回帰も大事かもって思うようになったのもひとつ。

ブログについて興味を持ち、ブログを始めて見たのは…やはり個人運営のテキスト系ニュースサイトが自分の中では原点だと思っています。その中で「メディアとしてのブログ」という一面にすごく興味関心を持ったのが始まりだったように思う私のブログ熱、最近すっかり熱が冷めてしまったのは何故だろう? と考えたときに「原動力となるエネルギー不足」感を感じていたのかもしれません。あれから10年以上、ブレにブレまくったブログライフをそろそろ棚卸しする時期にさしかかっているのかなー、そんな事を漠然と考えています。

10年後に自分は何歳を迎え、何をやっているのか? ブログが人生の記録なら、10年後のブログに何を寄せるのか? ある意味「お金を払って現在進行形のタイムカプセルを作ってる」というのがしっくり来るブログ運営という行為。10年前の自分からあまり成長していない私のブログは中二病の黒歴史のようにログ消失していますが、はっきり言えるのは「そんなに進歩しているわけでは無かった」という話でした。けっこう、悔しい話。

AD Link

「意外とブログは何にもならない」というのが、私の10年以上のブログ感想。それは、どんなに熱量込めて書いたブログ記事も「一過性の熱病のようなものだった」という意外にも残酷な結論。頑張って書いた記事が閲覧されるかというとそういうわけでも無く、努力が報われるという訳でもない話の至極普通の結論。早い話が「期待過剰すぎたブログの未来像」だったりするわけでした、何のことは無い。

なので、これからの記事はできるだけ「自分の内面に向けて」書いてみようと思っています。まず、自分に向けて書いてみて。自分の琴線に触れる記事が書けたらはじめて「対外的な記事に仕上げていく」というスタイルで、理想論ですがそれが一番「負担にならない」ブログなのかな? って。今までは「熱量をとにかく捧げるスタイル」でやってきた感が強かったのですが、これからは「そこそこの熱量を効果的に」という…いわば「省エネブログ」みたいなところを狙って行きたいと思う所存です。

…だって、検索されないブログに熱量を注いだって気持ち的にもつらいじゃないですか。

ブログは結構、重労働だったという話

だいたいブログ記事一本に2000~3000文字はつぎ込む「可燃性スタイル」だったのですが、テキスト量が多い故に時間的な労力が著しく…1本の記事に対して消費する時間的労力がとにかく大きすぎた。このスタイルに大きな変更は出来ない(文字書きは結構好きなので)都合、これからの更新頻度はどんどん下がる…というわけで。効率よく燃焼出来るタイミングで少しずつ書きためていき、時間のある時に編集や校正を行っていく…というスタイルにシフトしていきたい次第です。

テキストを量産するが故に肩をひどく痛めてしまい、現在は結構生活に支障が出るくらいにまで痛みがでるように…。ここ2~3ヶ月は「ライティング断ち」をすることを余儀なくされ、現在も肩の痛みと格闘しながらいろんなライティング作業への復旧ルートを模索しているところですが…肩こりと侮るなかれ、肩が痛むことで腕全体のパフォーマンスがガタ落ちしてしまったので。そのまま腰や首にまでダメージが波及するようになって、仕事や生活そのものへのダメージがとてつもなく大きくなってしまいました。

それくらいデスクワークは重労働、でも肉体労働と違い「疲労度の可視化が難しい」という矛盾をはらむ作業。故に、妥協策を講じる必要が出てきました。とりあえず疲労回復に良いと言われるモノは一通り試してみる羽目になりましたが…物理的に過大ダメージを受けた部位を回復させるには非常に時間がかかるというのを痛感しました、加齢というのもありますが。このままだと自然消滅を待つばかりというアレな展開もありそうでつらいです。

ネットに対する気持ちの変化

最近はすっかりSNS側に転移してしまった活動フィールド、なのでTwitterのネタとかも記事化してみようかなって思ったりしています。ちょっとベクトルの傾いた発言がいくつかあるのでちょっと伏せ気味にしていたのですが、こちらでの発言もまた自分の一面ということで。どんな偶発的な事案でTwitterが無くなったりアカウント凍結とかになったりとも限らないので…ログ取り的な意味もあります。テキストニュースサイト運営に当たってのネタの整理リスト的に扱っていきたいって言うのもあります。要は「ログ収集」というブログ本来の機能への着目でもあったりします、複雑。

もっとブログって「情報発信」なイメージだと思っていましたが、どちらかといえば「記録保持」のようなイメージなのかなって。だったら記録要素の強いことを記事化していこう…ということで。SNSでの発言はわりと「今なにしてる?」的なタイムラインのような発言が多数を占めているので、こちらをモトに記事を錬成していく方がブログ的には良いのかな? とか。いろいろ考えてみた結果、記録保持的要素の強い記事を少しずつ作っていければなって思うようになりました。

ブログに対してどんなイメージを持ち、どんな記事を綴っていきたいか。それは結構揺れ動く部分でもあるのでなんとも特定しがたいのですが、体裁あるカタチにして保存したいものを選りすぐって記事化していこうと思っています。機能面で出来る事は結構多くあるという話、記事は別腹で綴っていく必要があるという話。あれこれ記事にしたいことはあるけど…しっかりとした優先順位を設定していけるようになれれば、などと思っています。

「テーマ:私」というブログ

このブログに充てられたドメインが「私(彼方みこ)」を宛てているように、このブログは「私のブログ」にした方が良い…かどうかはわかりませんが、「私にまつわることしか記述出来ない」のでそこが回帰点なのかなって思うようになりました。そういえば、この10年間何やってきたっけ? そんなたいしたことやってきたっけ?

長い年月を経て、自分の身体も不調を訴える日々が増えてきました。通院や入院頻度も、健康維持にかかる負担係数も。結構ブログに対していろんな事をやってきましたが、何か行動するに当たっては何かと制約が出るようになってきました。ブログ開始当初は「アクティブ」を強く意識してきた…はずだったのですが、いつの間にかアクティブ度は大幅に衰えてしまい、活動らしい活動が滞るようになってきました。

10年後へのタイムカプセルブログ…というと壮大に聞こえるような話。ちなみに今、10年前の自分を振り返ると…とにかくイタい。10年後の自分がそれなりにでもいいので「10年前を胸を張っていられる」ブログでありたい。ある意味、自分に対する標語のようなものかな? このブログがもっと未来志向な記事を追求するのか、健康豆知識語録みたいになるのか…は本当に私次第。

まあ、いろいろ思うこともあるのですが。とりあえず10年後にこのドメインとこのブログが残っていればいいな的な、そんなことを考えつつ。

LINEで送る
Pocket

 - 日々の記録