LINEで送る
Pocket

今の仕事に不都合はないとは言え、将来性も特に見当たらない事がほぼ確約事項なことを踏まえ…来たるべく転機に備えての活動準備を水面下で進めています。具体的には「脱・会社勤め」の一環を推進するという話なのですが、そのためには多くの経験やら何やらを積み上げる必要があり…敢えて単発のバイトやら案件処理などを実施するという活動を行っています。また、最近にようやくネット回線が回復しましたので、クラウドソーシングの方にも手を付けられるようになりました。とにかく、わりと多方面にアプローチを掛けるようなカタチで活動を展開しています。

今の契約業務はそろそろ5年くらいになるのですが、業務量の増加はあれど昇給等は無く、管理業務の負担ばかり増えていくというなかなかハードモードな仕事でして…仕事そのものは生産系業務というルーチンワークなのですが、準管理職的なポジションをやっている都合上で定期的に持ち帰り業務などが発生していたりして昨今はキツい部分が肥大化している現状。そろそろこの現状を変える必要が出てきたこともあり…水面下で施策を準備しているところです。それが良策かどうかはさておきとして。

会社勤めが良策といえなくなってきた昨今ですし、いつまでも現状が良いとは言えないわけで。勘案することも増えてきた都合、色々な事をやっていく予定です。

AD Link

「仕事に不満は無くとも、収入には不満があるのでは?」という一言が刺さるという事案があり、色々勘案することになったという経緯があります。生産系業務ということもあり、経営側のさじ加減ひとつで収入が大きく変わるという現実は揺るがない部分であり、また契約上それらの保証部分がまるでスカスカという事も踏まえて…今の現状で出来る色々な事に手を出しつつあります。一時的にかなりキツい生活形態を余儀なくされるものの、最終的にはフルタイム業務を離れる計画を練っており、現状で出来る事をいくつか増やしつつ日々を過ごしています。

「出来る事が多くないと、生き残れない」というのを、昨今は特に強く突きつけられているように感じます。仕事にコスパを求められる機会は俄然増えており、少人数で複数業務を多岐に…という現状が結構辛かったりします。それが最善の回答かというと疑問符が残るものの、そもそも最善の回答が履行できないという現実がある都合…複雑な気持ちではあるわけで。

何故ウェブに仕事を求めるかという話

ネットは常時稼働しており、24時間365日おおよそどこかのサーバーが稼働しています。そこに収益のタネがあれば…という話で、ウェブにいろいろ頑張ってもらう仕掛けがあればそれだけ時間以上の行動に繋がる…という話が出来るのではないか、ということです。要は、「寝ている間に仕事の一角が進んでいる状態」を作るためにウェブに色々仕掛けを仕込むという作業が重要というわけです。求人しかり、業務発注しかりで。アフィリエイトという仕組みは本当にこれにリーチが届くので、この仕組みについては色々学んでみる価値はあると思います。

現実のサラリーマンその他の仕事持ちは、とにかく時間が無い。時間が少なければ相応に不利になる…という話。ウェブに網を張る行為は単純に時間にリーチを張る行動であり、自分の手の届かない時間帯に色々な仕事を回転させる手法のひとつだという認識でいます。個人ブログは良いぞ? というのは一概に言えないものの、ウェブに網を張るための良好な言い訳でもあり、同時に情報発信願望も満たしてくれるブログは…なかなか昨今の時勢にマッチした趣味行為だと思う次第です。どうでしょう??

もちろん、個人的な情報カテゴリが一般ウェブに露見してしまうので、この類の潮流を好まない人には…無論ながらオススメは出来ない選択肢ではありますが。ただ、ウェブを閲覧するだけというのは非常に退屈極まりない話なので、やはり何かしらの参加意思を持って何かを作った方が非常に楽しめるのではないか…という個人の推測。でも、ブログは一番とっつきやすい発信趣味だと思いますが、いかがでしょう?

書くことで出来る事は意外と多いという話

ライティングというスキルがそれなりに認識されるようになった昨今。それはやはりクラウドソーシングの影響が相応にあるのではないかと思う次第ですが、ウェブの多くは何だかんだでテキスト媒体なんだなという話でして。昨今のインターフェイスがどんなにグラフィカルになったとしても、それを形成しているプログラムやら何やらは今でもテキスト基盤なんだなっていう話で、一般論からプロの領域に至るまで書くことは重要であるという認識で間違い無いんじゃないかっていう話になるので。「もっと書こうよ!」っていうのをもっと提起していきたい次第なのですが、そもそもブログの最初の理由ってなんだっただろう…?

とりあえず今はブログを書きつつ、別件で経験談やらなにやらを加味したライティング案件に取り組んでいます。なかなか一致度の高い案件は無く難航続きの話ですが、その辺はブログなどの自前のライティングに回しています。書くために割ける時間は限られていますが、時間を割く意思でもってやらないと何も動かない…という現実が重くのしかかっている都合、結構やってみることそのものが重要度の高い行為なのかもしれません。とにかく動け、動け動け。

リアルは日々重くなる、いろいろな意味で

もっとも痛感したのは、健康面での問題。体調を崩すとなかなか回復に至らないというのが非常に重くのしかかる事案があり、その辺の兼ね合いから結構失ったものとかありました。機材とかで済めば…また取り戻せる程度のものなのですが、安定した健康と時間は絶対に取り戻せないレベルだったので、今回無理を承知の上で冒険策に出ました。それ相応にリスキーではありますが、ゼロに限りなく迫られるわけにはいかない…という気負いがあって踏み込んだ施策、吉と出るか凶と出るかはさておきとして「やることに意味を見いだす」方向でやっている次第です。

重くなると困ること…たくさんあります。行動範囲も狭くなり行動意欲も削がれていく、それ以上にお金が無くなる事への不安が加速度的に増加する。金欠とはある意味現代社会に於ける最大の不安材料でもあるという認識なので、それを避けるための努力は絶対防衛線を死守するくらい重要なことと認識しています。そして、会社勤めの人の多くを会社は守ってくれる保証は微塵も無いという話は自身の体験談でもあり、尚のことこの防衛線は守らねばならない…というのが背景にあります。

終身雇用の崩壊が何を意味するか、という議論を幾度かやった記憶がありますが。今の感覚と価値観で回答を付けるのであれば「人の価値がなくなってしまった」と結論づけたいと思う次第。企業が人生を保証するほどの富と名誉を与えてくれる時代では無くなった…とでも言えば良いのか、はてさて。

 

仕事にまつわる環境はここ2~3年で劇的に変わってしまいました。色々と首を突っ込んでみた結果が芳しくなかったので色々と放置する方向だったのですが、色々とそうも行かなくなってきたという現状を抱えている都合…傍観という方向で居られなくなってきました。これらの行動に対してはやはり一長一短あり、向き不向きに大きく影響されることなのですが…少しでも多くの案件に少しでも長く関われるように、考えを変えるに至った都合。せいぜい頑張って取り組んでいきたいと思っている所存です。

何より、学ぶ事をやめた人生は詰む。私は先で「老害」になりたくは無いから、足掻く。

「価値ある人が持て囃される」では無く、「価値ある人じゃ無いと生きられなくなる」という社会が…遅かれ早かれやって来るのでは無いか。そんなことを考えながら。社会が濁流という表現でもって表される世界なら、せめてボートくらいの背丈になって荒波を乗り越えられるくらいにはなりたい…などという変な思惑を脳裏に走らせながら。

LINEで送る
Pocket